サクッとザク

お盆の台風で時間がたっぷり出来たので 頂きモノのザクの卵を孵すことにした。 卵は陸戦型ザクⅡ MS-06JC 卵の中身は サンド色の陸戦型となれば AFVモデラーにとっては、ホームグランド 躊躇なく砂漠迷彩敢行 ロボット兵器の代理戦争に移行したら 人類はロボットの性能向上やカラーリングにのみ ヒートアップで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

翅脈

毎夏ばんぐりが大変お世話になってる蝉 アブラゼミが多く、クマゼミは稀 アブラゼミの羽根(昆虫の場合は翅)は透明ではなく 茶色ベースに凝った迷彩柄 翅の骨格を形成しているライトグリーンの翅脈は クローズアップしなきゃもったいない逸品 下翅は深みのある赤茶色にオレンジの翅脈 美しさに加え、蝉の翅には構造的な抗菌効果…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

屏風の猫(彩色)

石膏への色付けとなると 素材の白地を活かしながら にじみやぼかし効果の期待できる透明水彩絵の具 中でも発色が良く、褪色、変色の少ないパンカラー 選んだのは、AFV模型のフィギュア塗装で 使い慣れた信頼するブランド イギリス王室御用達のウィンザー&ニュートン パンカラーという名前の由来はわからないけど 半乾きの固形を盛り上…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

局地型ガチャ

ザクヘッドの次はガンダムヘッドという、お決まりの流れ しかし、このガチャになかなか出会わない。 出張の寄り道、梅田の地下でようやくCONTACT FIRSTガチャ、灰色の卵 「アカン、これはヘビーガンダムや」 SECONDガチャ、白い卵 「なんや、あっさりホワイトガンダム出たなぁ」 卵割ってみると、??赤いバイザー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

屏風の猫(流し込み)

今回は浮き彫りのニャンコレリーフの予定なので シリコーン型は半面分で完成。 レリーフの素材はぬくもり感のある石膏を選択 20年前に使った残りモノの吉野石膏の焼石膏A級でトライ 型抜きが心配で離型剤も準備 石膏1000gに対し水720mlの比率になるよう計量 水への石膏投入1分、放置1分、撹拌4〜5分で トロリと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

屏風の猫(型取り)

今回ポストカードから追い出すニャンコは多頭数を予定。 コピーキャット製作のために、シリコーンゴムで型取り。 他に必要なのは、型枠とその底になる粘土 焼き上がったスカルピー の表面はカサカサしており シリコーン型の表面に貼りつき防止のために、 サーフェイサーで軽〜く処理 シリコーンゴムに混ぜる硬化剤は100:1との…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

屏風の猫(原型作り)

屏風(ポストカード)のニャンコを引っ張り出す工程を 原型作り→シリコンゴム型取り→石膏流し込み→色付け に分けて、ぼちぼちと作業。 初心者なので技は無く、いつものように道具に執着。 一休さんの注文ではないけど、このポストカードから へそ天爆睡中のニャンコを紙の中から追い出します。 絵をそのまま肉盛りの下敷きにするため…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ばんぱくの冷や水

再生治療で絶好調継続中のばんぱく 1日3度の散歩パトロールが何よりも好き 調子こいてるとズッコケるのは世の常 そして、これである 夜練から帰還してくると 本人素知らぬ顔なので、ケンカではなさそう ガラスでも踏んだのなら、肉球のはず 右脚の甲のケガって??? とにかく、傷口が治るまで外出禁止っ
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ニャン湖の未確認生物

湖面から「にゃっ」と突き出したそのシルエットは 捏造の代名詞となったあの「外科医の写真」を思わせる 頭部に生えた三角形の角が二つ がっしりした首に長い胴 写真の特徴から推定される生物は 7000万年前に恐竜が絶滅した後、 地上を支配した肉食獣の肉歯類の末裔 湖中の怪しい光輪から UFOがもたらしたUMAの可能性も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

怪獣大戦争の覚醒

恐竜恐竜したジュラシックゴジラは論外 呉爾羅伝説を謳った前回ハリゴジも くびれの無い造形とカマキリギャオス夫婦相手じゃ 「なんだかなぁ」 でも、今回は見事に覚醒してくれました。 怪獣大戦争で想像と期待の妄想を駆使して脳内リメイクしていた 宇宙最凶と地球最強のモンスターのバトルシーンを 心ゆくまでリアルに目の当たりで…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

狙撃コピー

商品棚の上から3段目 絶好のポジションから狙う そのターゲットスコープに 吸い寄せられ 餌に喰いついて手に取り キャッチコピーにニンマリとした瞬間 デューク東郷のM16から放たれた ロング・マグナム弾の餌食となった 虎:わかんね~だろうなぁ    こーゆーのええなぁ そして、ウチの新商品 こちら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猫たわし

ザラザラでじょりじょり 綺麗好きニャンコの毛づくろいは 唾液を被毛にこすりつけて結界を張ってるようなもんだが 寒風摩擦効果で自律神経の働きを高める役目もある。 古今東西そんな有難いザラザラを得ようと いろんなブラシが開発されてきたが、 やはり、道具の真打ちはニッポンの伝統工芸に尽きる じゃじゃーぁーん htt…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

たんごの節句

幹細胞がばんぱく細胞化しているようで、 パワー回復効果歴然。 ・薄毛になっていた下腹周りに増毛 ・ためらいがちだった高いところへのジャンプ復活 ・毎日の見回りパトロールが朝昼晩の3回+長時間化 ばんぱくの溌剌ぶりにピッタリの節句 端(はしっこ)の午(ご) 5月の最初の5の日 勇ましいバージョン ばん…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

満艦飾

令和初日、海上自衛隊舞鶴の満艦飾でお祝い 護衛艦ふゆづきの凛とした勇士にうっとりするも 本命はイージス艦と呼ばれるミサイル護衛艦あたご 念願だった乗艦も叶いました 他にもワクワク多数 護衛艦せんだい 補給艦ましゅう ミサイル艇はやぶさ と うみたか ヘリコプター搭載護衛艦ひゅうが
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜競馬

花見と競馬は合う でも、冷え込んだり、雨だったりと難しい 珍しくドンピシャだった今年、久しぶりに桜花賞を生観戦 桜競馬らしいショット これは、内回りコースで満開の桜がドンピシャな 10Rの大阪ーハンブルクカップ 今年もルメールの圧勝だった桜花賞は 外回りコースなので、桜がちょっと遠め 強い馬は飛んでますね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再生医療

自他ともに加齢減退を認めたくない ばんぱく13歳でも 昨年末には血栓による脚のびっこがあって 数年前からの心雑音で警戒していた 肥大型心筋症の進行の早さにちょっとショック それでも、毎日朝昼、自由気ままに パトロール散歩を続けるばんぱくの 「今、ここに」あるニャン生と共にありたくて ばんぱくの運命に大きく関わる院長セ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

チューリップいちご

ハウスもんが年中出回って、旬がわからなくなったイチゴ それでも、2~5月はたくさん並ぶ そのど真ん中、3~4月はチューリップの季節 そんな春の彩りが奇跡のコラボ 虎:わぁ、ネコイチゴみっけ。 最初はネコ型に見えた でも、よく見りゃ、耳が3つ でも、なぜかネコっぽいイチゴでした
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピンクの彗星

赤い星といえば、火星やアンタレス(蠍座) 赤い彗星となると、 有名だったのがホームズ彗星、でもコレ実際は黄色 閑話休題 量産型モビルスーツの3倍の速度で接近してくる ザクIIS型(MC-06S)シャア専用機 通常の灰緑ではなく専用塗装色により、赤い彗星と呼ばれた 勝手にデフォルメ版に ヘッド部はガチャガチャか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マエストロ列伝

巨匠、大家、名人、達人と 20世紀後半に活躍した指揮者たちの 演奏は今でも豊かな個性が輝いている。 そんなマエストロ をギューっとひとまとめにした特集 レコード時代から思い出に残るジャケットは そこから音楽が聞こえてきそうな指揮者モノが多い コレなんか正しく、帝王 コチラは我が家の帝王
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悪役照明

ヤシオリ作戦における 「無人在来線爆弾、全車投入!」は ゴジラに対する JR:E233系、E231系電車による 国鉄:EF58形電気機関車の仇討ち でもあり ゴジラと列車との因縁は深い。 そんな初代ゴジラの有名なスチール写真のモデルに 悪役定番のお化けライティングを当てると デフォルメ版でもそれなりの迫力 フツー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more