トラ・トラ・トラ・トラ・トラ

現村するトラ族の亜種は5つ ベンガル、シベリア、インドシナ、マレー、スマトラ しかも、ベンガルトラ以外の4亜種は数百頭しか生き残っていない インドシナトラはこの20年間で8割減で200頭以下になったという トラは美しさでも最強。こちらは岩合さん撮影のベンガルトラ コロナ読書は、実家の本棚に生息していたお宝トラ これ初版本で、映画の前売半券が挟んであった ここから、関連書…

続きを読む

毛は何本?

♪毛が三本 ♫毛が三本  と聞けば、犬が苦手なQ太郎。 そして、著名なにゃんこの頬ひげも3本(片側)が主流。 ニャロメ、ドラえもん、マイケル、 ニャンコ先生(キャット空中三回転ダス) (例外は小鉄とジュニアの4本) 本家はどうか? 立派なのをお持ちのこちらの方にズームイン 数えやすく写ってる向かって左側でカウント 長くしっかりしたヒゲ 8本 中位の長さのヒゲ 4本 …

続きを読む

タイガースファンの応援グッズ

やっぱ、夏はビールと枝豆と甲子園 と、待ち望んでいた開幕。 コロナで異例の3ヶ月遅れならば、 ひょっとして何かが起こるかも・・・ 勝手にイイ方に期待していたら、 あじゃっ、20年ぶりの開幕3連敗。 憎っきウィルスと邪気を吹き飛ばす応援グッズを調達 その風速は強で4.1m/s、セルフ換気で歓喜を呼び込む作戦 USB充電で4時間の連続運転(延長10回まで対応可) L…

続きを読む

戦車界の三船敏郎

第二次大戦中、究極の最強戦車といわれたケーニッヒスティーガー この実車を初めて見た時の感覚は 「道でばったり三船敏郎に出会ったような感じ」 と聞かされて、 なるほどといたく感心した思い出がある。 たぶん、こんなカンジではなかろうかイメージ 博物館でしか実車は見れないけど、YouTubeでは 当時の映像が見れる https://youtu.be/XwcuxkiLbT4 …

続きを読む

四色迷彩

ロシアングリーンといわれる、少し明るめのグリーン単色塗装が ソ連戦車の定番だけど、 実は、規定上はこれにダークブラウンとサンドイエローの雲型迷彩を 施すことになっていたという話がずーっと気になっていた。 迷彩効果の出そうな車体のJSU-152 1944年夏の第4機甲軍第374親衛重自走砲連隊所属の車両には 黒のアクセントが入った4色迷彩が施され、とてもカッケーッ。 いつものベー…

続きを読む

模型梅雨支度

6月の真夏日と言っても、湿度が低けりゃまぁ快適 ところが、どうやら今週には梅雨入り模様。 モデラーの梅雨支度は、エアブラシ 工程を済ませておくこと。 分解洗浄とグリスアップで復調したエアブラシ を駆使して 5月〜6月は制作休止中のキットの中から8キットのベース塗装を敢行 残り2キットは調子づいて、迷彩工程にも突入 次記事にて。

続きを読む

感謝に感謝

コロナ自粛で血が足りない というニュースで ならば、とマスクで突撃した血の気の多い猪歳。 あれは3月の雨あがり。 コロナがひと段落した6月、感謝状と記念品を頂いた いやぁ、なんか立派すぎて恐縮です。

続きを読む

戦車古文書

戦車好きになったのは間違いなくこの一冊という 個人的古文書が棚に残っている 丸 ’69 新春2月特別号別冊付録とあるから、51年前の古本 当時の同スケール原色図鑑という中綴じがこんな感じだから 今よりずっと戦後に近い時代だったことが不思議 表紙にはカラー版とあるけど中身の写真集はモノクロ それでも、刷り込み効果は強烈で このページと表紙ですっかりチーフテンの虜になってしまい…

続きを読む

美酒

美味しいだけではなく、その姿まで美しいお酒。 頂きものなので、大事に家飲み・・・と思っていたけど まぁ、ちょっとくらいは、 ちびちびなら、 なんて誘惑に負けて・・・・ その感動を、とりあえず連続記念撮影で残すことに。 さらに美しい酒器まで頂いて、こちらも大切にパチリ こちらは美しい晩酌の華

続きを読む

疫病退散

にわかに注目されたこちらの妖怪様のおかげ?もあって ひとまず大阪も緊急事態解除 江戸・明治の時代にも出現したというから由緒ある妖怪様。 さらに古く日本の疫病退散の祭りといえば、祇園祭。 平安京で流行った疫病を収束させたのが、1100年ぐらい前の話。 その祇園神社(今の八坂神社)に祀られているのが、スサノヲノミコト。 疫病ではなく怪物退治の英雄。 古事記、日本書紀、言い伝えと…

続きを読む

小さな恍惚

おうちでの過ごし方・・・なら、猫に聞けってなもんで ベランダでうっとりしているばんぐりを見てると まさしく、そこに小さな恍惚があった。 『慌惚』という字、光に惚れる! お天道様から頂いた光へのウットリがソレ。 エクササイズでも、簡単料理でも、オンライン何がしでもなく 今そこに授かったものを悦ぶ 絶対他力の極意 ぐり:ボケとはちがうでち ばん:ふわぁぁーっ、煩…

続きを読む

一気読み

コロナ読書の第二弾は、実家の本棚から見繕ってきた古本 これが存外面白くて、2冊一気読み。 海の男の艦隊勤務、月月火水木金金の様子を 見せてくれる視点がこれまで読んだ戦記モノと全く別で 筆者のイラストも楽しく、どっぷり入り込めた。 揺れる釣床 戦艦のお風呂と洗濯 登場艦船:戦艦霧島、伊号153、貨客船鎌倉丸、特設砲艦武昌丸

続きを読む

14年ぶりのスズメ蜂に泥

戦車模型が塗装まで完結できない状態がもう10年 塗料が干上がる前には再開を、と 引っ張り出したのが、これまた14年前に組み上がっていた 自走榴弾砲Wespe https://hokusetsu-tiger.at.webry.info/200604/article_4.html ウェザリングペーストなる泥汚れの素を使ってみた 虎:出来栄えはともかく、お手軽なことは間違いなし …

続きを読む

コロナにはコロナで

コロナといえば クルマかストーブかビールだったのに 今や大迷惑なウィルス。 爽やかで絶好のお天気でも外出自粛 パワーあり余ってるニャンコもこんな感じ コロナにはコロナで対抗 太陽コロナは100万度のプラズマ(太陽の表面温度は6000度) このコロナ光線で同名のウィルス退散!という話(諸説あり) そんなニュースを見てたのか、ばんぐりも日向干しで チョー気持ちエエ表情 …

続きを読む

西暦20センチ

愛用の20cmモノサシ  目盛の始まりがキリスト誕生で  真ん中あたりでもまだ平安時代  麒麟がくるのは16cm少し前 なんて、歴史のスケール感を測るのにも一役 ただし、西暦はキリスト紀元のモノサシであって 広く使われ始めたのもこれでいうと15cmあたりからの話 それ以前に使われていたのは天地創造紀元 これだと1mのモノサシが必要 (紀元は西暦でいうBC.5508) …

続きを読む

チコクレータ

緊急事態宣言の出た夜 今年一度だけのスーパームーン 家呑みなら月見酒 その光条が月の半分にも届きそうな チコクレータ あの有名なモノリスが見つかったという伝説の場所 虎:直径85Km ! 月で最大、チッこくない  (ティコさんという天文学者に由来) チコちゃん:つまんねーヤツだなぁ 虎:チコちゃんってコイツに似てるよなぁ ベイダー:私がお前の父だ

続きを読む

猫に小マスク

ワンニャンにも感染してしまうコロナ ニンゲン同士のなすり合いやってる場合じゃない 迷惑で厄介なシロモン 関西弁のあんなちゃんもこーゆーてはります https://youtu.be/kB5KdOgmlHc うちのお二方にも、コロナに負けない 心意気見せてもらいました ぐり:只今、品切れ中、次回入荷未定でち。 虎:もともと非売品でしょ

続きを読む

キャッシュレスで長財布

世はキャッシュレス時代 ネットでポチっとすりゃ、翌日ピンポ〜ン の環境に、どっぷり浸かって満ち足りていても ・・payならポイントさらに還元 と、ポチっ画面からあま〜い勧誘 虎:んじゃ、pay始めよっかな で、買ったのが念願のニャンコ長財布 ばん:それにスマホ入れるんかいな

続きを読む

祟りじゃぁ

14世紀に黒死病のパンデミックで人口が1/3にまで 激減したヨーロッパ。 アホな言いがかりで猫を悪魔の化身呼ばわりして 大量虐待したために、今度はネズミが大繁殖 伝染病の防御壁を失ったという顛末。 虎:ぐりこぉ、その尖った耳と目付き悪魔的やで ぐり:なら、この牙はどうでち? 虎:悪魔やっつける魔除け効果が期待できそうやな 昨年の動物虐待事件が過去最多の10…

続きを読む

ダイオラマ療法

氾濫する模型製作How to本を読み漁り オツムもお腹も一杯になって、手が動かない こんな症状を患って久しい。 1989年12月のMM146 タイガーI後期型で 出戻った後、夢のように楽しく熱中した模型製作。 そのピークであり、今から思うとひとつの集大成形だった ダイオラマ製作。 「ダイオラマは足し算だ」 自分の作り始めた情景をどんどん広げる楽しみ 思ってもなかったアイ…

続きを読む