タラレバ海戦

封切り当日に映画を観るなんて何年ぶりだろう アメリカファーストではなく、中立かつ客観的に史実ベースの 戦争映画の大作 という、前評判に期待MAX。 タツノコプロの「決断」世代にとっては、 ミッドウェー海戦は人生のタラレバ教科書。 ちなみに「決断」の♪ 泣〜くも笑うも、決断ひと〜つ♫ 主題歌作曲はエールの古関祐而氏。 当然、勝敗を分けた情報・状況に対する認知、判断、行動の …

続きを読む

艦船映画

文字だと大丈夫だけど カナ読みだけだと、このご時世ちょっと物騒。 トコロテン式に公開延期を心配してた映画が予定通り 9月11日、封切りになる エメリッヒ監督によるミッドウェイ 映画館には申し訳ないが、 いつ観ても前後左右の席が空いている状況なので どっぷり移入できそう。 もう一本が、ウルフズコール こちらは、ハズレのない潜水艦映画。 フランス映画ということで興味津…

続きを読む

トラ・トラ・トラ・トラ・トラ

現村するトラ族の亜種は5つ ベンガル、シベリア、インドシナ、マレー、スマトラ しかも、ベンガルトラ以外の4亜種は数百頭しか生き残っていない インドシナトラはこの20年間で8割減で200頭以下になったという トラは美しさでも最強。こちらは岩合さん撮影のベンガルトラ コロナ読書は、実家の本棚に生息していたお宝トラ これ初版本で、映画の前売半券が挟んであった ここから、関連書…

続きを読む

疫病退散

にわかに注目されたこちらの妖怪様のおかげ?もあって ひとまず大阪も緊急事態解除 江戸・明治の時代にも出現したというから由緒ある妖怪様。 さらに古く日本の疫病退散の祭りといえば、祇園祭。 平安京で流行った疫病を収束させたのが、1100年ぐらい前の話。 その祇園神社(今の八坂神社)に祀られているのが、スサノヲノミコト。 疫病ではなく怪物退治の英雄。 古事記、日本書紀、言い伝えと…

続きを読む

映画猫

贔屓のミュージカルがスクリーンでどうなるのか 待ち遠しかった。 四季キャッツとの違いに戸惑ったけど、 結果的には キャッツ=Old Possum's Book of Practical Cats の奥深さにさらに惹き込まれる作品だった。 えっ!その一 長老猫が雌猫に。 が ↓こちらに パンフレットで知ったジョディ・デンチとキャッツの縁 1981年当時の…

続きを読む

怪獣王の咆哮

ハリウッドゴジラもなかなかやるもんだワイと思わせた あの映画のブルーレイの発売予告 https://godzilla-movie.jp/bluray_dvd/index.html 天を仰いで真っ直ぐ青白く放たれる咆哮シーンが再現できる フィギュア付きバージョンもあるらしい。 15000円という価格より、中身が??? 特典ディスク+本編ディスクが3枚、ブルーレイに加え、4K、DVD…

続きを読む

怪獣大戦争の覚醒

恐竜恐竜したジュラシックゴジラは論外 呉爾羅伝説を謳った前回ハリゴジも くびれの無い造形とカマキリギャオス夫婦相手じゃ 「なんだかなぁ」 でも、今回は見事に覚醒してくれました。 怪獣大戦争で想像と期待の妄想を駆使して脳内リメイクしていた 宇宙最凶と地球最強のモンスターのバトルシーンを 心ゆくまでリアルに目の当たりで展開してくれます。 そして、全編に散りばめられた東宝ゴ…

続きを読む

悪役照明

ヤシオリ作戦における 「無人在来線爆弾、全車投入!」は ゴジラに対する JR:E233系、E231系電車による 国鉄:EF58形電気機関車の仇討ち でもあり ゴジラと列車との因縁は深い。 そんな初代ゴジラの有名なスチール写真のモデルに 悪役定番のお化けライティングを当てると デフォルメ版でもそれなりの迫力 フツーに撮るとやっぱりチャラゴジ このライティングで映えるの…

続きを読む

アウェイゴジラ

伝統の一戦といえば FCバルセロナVSレアル・マドリード ヤンキースVSレッドソックス 阪神VS巨人 ○○VS○○の先に来るのがホームチーム (諸説有り) ゴジラ映画タイトルの多くが ゴジラVS○○ 例外は2つ キングコング対ゴジラ 1962 モスラ対ゴジラ 1964 キングコングはソロモン群島ファロ島 モスラは南太平洋インファント島 というホームグラウンドがあり…

続きを読む

ゴンドラの唄

黒澤監督が伯父ちゃんと呼ぶ志村喬に この世のものとは思えない歌声で、と注文した ゴンドラの唄 どのシーンを切り取っても、これこそが真の映画だと いつまでも色褪せない屈指名作にて 中ほどのダンスホールと ラストの雪夜の公園ブランコで唄われる https://www.youtube.com/watch?v=rDjmDHiSTm8 有名な、喫茶店でのハッピーバースデー …

続きを読む

エピソード3.8

封切り公開日でも空いてた 『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』 『スターウォーズ』シリーズのスピンオフ作品 エピソード4の懐かしい面々に釘付けになりながら あーなるほどそうだたのか! と溜飲を下げることのできるサイドストーリー 即興のデタラメコードネーム「ローグ・ワン」も エピソード5のホスの戦いでルークがリーダーを務めたローグ中隊 につながってました。 この…

続きを読む

最高マーチ

シン・ゴジラの感動には伊福部楽曲が大きく貢献している ヤシオリ作戦のシーンで流れるお馴染みマーチは ゴジラ映画の真骨頂「怪獣大戦争」(昭和40年公開)マーチhttps://www.youtube.com/watch?v=kJvHYHba3Hg これ、シン・ゴジラのエンドロールで流ます。 ではなくて、「宇宙大戦争」(昭和34年公開)マーチhttps://www.youtube.…

続きを読む

1曲1円

好きな映画でもDVDを何度も観返すことは少ない でも「サントラ盤」はちょくちょく引っ張り出す 画面から離れて、作業しながら聴けるという お手軽さももちろんだけど、 画像の脇役だった曲が通しでたっぷり楽しめる その上で、感動シーンの蘇り具合はより鮮明に。 そんな大好きな中古サントラ盤をネットで見つけた なんと、19円! 安さをアピールする値札なら、100円、10円、1円 …

続きを読む

大作戦

『大作戦』世代である。 やたらと、『大作戦』を刷り込まれてきた。 SFモンなら、宇宙、海底、怪奇、緯度0・・・ 戦争モンなら、バルジ、アンツィオ、戦略、特攻・・・ 色恋モンなら、プロポーズ・・・ そして、今だに、ミッション:インポッシブルと言わず スパイ大作戦と言ってしまう。 世界の名所をたっぷり見せながら ド派手アクションが売りのこのシリーズ、 最新作…

続きを読む

ボーナスディスク

戦車映画の前に戦争映画だったFURY もっと戦車の部分を DVD版オマケのボーナスディスクに期待 約68分のオマケは ・当時の機甲部隊映像 ・メイキング映像 これにアーマーモデリング監修の特製解説書 これぞ待ちわびていた戦車映画 劇場公開時には、なんだかなぁというカンジだった AFVモデラーのためのセット になってます ニャンコ好きのためのばんぐり…

続きを読む

リアリティ

封切りが待ち遠しく突撃した映画は久しぶり お目当てはボービントンのティーガー131号車の勇姿 主役のFURY号も実在の車両というから臨場感MAX FURY号役のM4A3E8 イージーエイトは 自衛隊にも配備されていて61式とともにゴジラに立ち向かった戦車 (朝鮮戦争で虎の顔を前面にペイントした車両が有名) http://www.hs-tamtam.co.jp/item-5…

続きを読む

・・・のような映画

怪獣と ニンゲン、しかも親子2代にわたって 3組の夫婦愛を描いた映画を見てきました。 題名は・・・・・・・・ GODZI・・・・とかが流れていたと思います。 感想はぐりこの表情通り カタストロフィさがまるで足りません 箱にしまい込んでたGが恋しくなって 引っ張りだした次第です。 劇場予告編で楽しみなのを見つけました FURY 戦車好きのみ…

続きを読む

感化されやすいネコ

ばんぱくのお気に入りは アナと雪の女王 結果 にょーんっ 感化されたというより地が出ただけのような・・・ 5月なのに30℃を越えた大阪にこそ エルサの魔法が必要

続きを読む

ほっぺた怪獣

ばんぱくのぷっくりほっぺは楽しい。 ばん:ニマッ~ ちょっと興味が湧いてせり出すと、 虎:ヘ~イッ、ニンニクボ-イッ このニンニク、油断できません、突然手が出ます。 このプルんっとしたほっぺの人気者といえば、・・・・ 倉田浜干拓地から出現し、頬を揺らして土砂をふるい落とした モスゴジ。 揺れたのは頬の部分の接着が外れていたか…

続きを読む

毛のモノ

3Dにリメイクした映画が出てる。 長編モノがスクリーンからガンガン飛出すと 眼が疲れるという忠告を聞いたので、 好きな短編モノを選択。 「長ぐつをはいたネコ」 http://109cinemas.net/imax/movies2_naganeko.html この映画の3DはIMAX方式で IMAX専用シアターで上映。 70mmフィルムを水平方向に送り、1コマの面積…

続きを読む

砂利

The Sand Pebbles(砂と小石=砂利) → サンド ペブルス → サン ペブル → サンパブロ → San Pablo(カリフォルニア州の市)  砲艦サンパブロは、スティーブ・マックイーン主演, ロバート・ワイズ監督の戦争ヒューマン映画。 第2次世界大戦前の揺れ動く中国を舞台に、 老朽船のサンパブロの乗組員たちの 良心、尊厳、愛、憎悪、名誉、…

続きを読む

凛々しさ一番

黒澤映画の中で あの木下恵介監督が一番好きだと言った作品。 ドキュメンタリー映画の草分けの逸品。 (平塚の日本光学とその寮での女子挺身隊) ミュジーカル映画の要素もたっぷり。 (やっぱ鼓笛隊ってカッコええ) 撃ちてし止まむ。 「人格向上なくして、生産性向上なし.。」 戦時下1944年の映画。 主役のひとり矢口陽子(組長・渡邊ツル役)は 後の黒澤夫人。 忘れか…

続きを読む

映画の3D

飛び出す映画がブーム。 大スペクタクルが売りの作品なんかだと良さそう。 でも、まだ未体験のスネ者の私として 映画に求めてる3Dを挙げるならば、 1.台本:脚本つまり台詞(せりふ)     これがありきたりで何も感じさせない作品は     なーんにも残らない。     舞台作品にしてもおもしろいくらい     せりふは練り上げて欲しいな。 2.デザイン:画…

続きを読む

かぶりつき

目の前に大好物があらわれて あっさりガブリッとやったんじゃぁ、ハイそれまで。 手が届きそうで届かない、鼻息荒く凝視してながーく楽しむ。 そんな、正しいかぶりつきの絵を。 アウトドア派を主張するばんぐりでも 住民票はマンション番地(ばんち) 部屋の中にも心安まる環境を出現させるには 「猫のためのDVD」 森、野鳥、蝶、アヒル、熱帯魚、ニャンコ、リボン…

続きを読む

どえりゃぁすげぇな

両手にモノを持っていて、 もうこれ以上持てないのに、まだ欲しい。 どっかに溜め込んで集めようとする。 冬眠のための貯えなどでなく、 かき集めることが楽しみになってる。 990円のエサに喰いついたら もう、常連客。 そんな、強欲な収集家を狙い撃ち。 デ○○スティーニ。 でぇりゃぁすげーに。 どえりゃぁすげぇな。 以前、スタートレックファイルで喰いついて…

続きを読む

雨なら唄おう

近頃、いい映画に当たらない。 観たらしばらくは何か残ってほしい。 先日BSでやってた「ニュールンベルグ裁判」はグイグイ来た。 1961年のアメリカ映画で3時間を超える大作だけど まるで退屈しない。 さすが、スペンサー・トレイシーとバート・ランカスター! 昨晩、買ったまま放置してたDVDの中から観た「雨に唄えば」もブラボー。 1952年のアメリカ映画。 http://w…

続きを読む

リーダーシップ

兎角コレが求められる今日この頃。 誰かさんに仕切ってもらいたい烏合がなんとまぁ多い。 リーダーシップはそういうリーダーについた経験で伝授されるワザ。 リーダーが枯渇してしまった今、擬似体験できる映画がコレ。 「頭上の敵機」グレゴリー・ペック主演の1950年アメリカ映画 士気の弛んだ918爆撃隊を見事に鍛え上げるサヴェージ准将の リーダーシップが見もの。 やれいけ、そ…

続きを読む

Artificial Intelligence

人工知能 A.I. 原作名「スーパートイズ」 映画化の構想を持っていたスタンリー・キューブリックが死去し 遺志をついだスティーヴン・スピルバーグが監督した2001年の作品。 ロボットがインプットされた母への愛を信じ通す姿を 圧倒的なCG映像で描きながら、この宇宙時間の中で 人間そのものの存在、その心や愛の意味を考えさせる 示唆に富んだ名作。 公開当時は、未来版ピノキオと…

続きを読む

久々の掘出し物

欲しくて欲しくて、物欲の化身と化し手に入れるのもイイけど、何の気なしに寄ったお店で良いものを手にすると幸運を感謝したくなるシアワセ。 そんなものが3連発。 まず、左から。 動物の立体造作家、朝隈俊男氏のシリーズからパンダ http://clayanimals.net/ おなかまわりにひじょーなる親近感が湧いてよろしい。 中央は ブラス!1996年のイギリス映画で、とても…

続きを読む