ホコリの妖怪

お祭りの出店で出会ったホコリから生まれた妖怪 ネコ被ってるヤツと目が合って、即拉致。 手づくりアート作品だから、同じモンはいないし 遭遇の経緯も、ポチッにはない幾重もの偶然のヒダ。 もしかしたら、 我が家のもののけたちが呼び寄せたのかも ぐり:ワタチは呼んでないでち

続きを読む

ワクワク、ハリー

今どきなら ポッター ニャンコ好きなら トント アウトローな正義なら キャラハン(44マグナムね) ワクワク度なら ハウゼン アメリカの特撮映画監督レイ・ハリーハウゼンが 5月7日亡くなった、92歳だった 人形のコマ送り映像のストップモーションアニメの神様 1992年には長年の功績で米アカデミー特別賞を受賞 「彼の影響なしでは『スター・ウォーズ』は生まれな…

続きを読む

冬のサンダーバード

斬新さと洗練度は今でも通用するこちらの救助メカ ・・・ではなくて 683系4000番台のサンダーバード 雪煙を舞い上げて爆走するこの時期ならでは勇姿 おまけで683系2000番台 今年のかにツアーは サンダーバードで行く日帰りカニエクスプレス 芦原温泉のべにやさん http://www.awara.co.jp 露天温泉でからだも心…

続きを読む

夢の対決

勝ち負けそっちのけで、見てみたい一戦。 猪木 vs アリ がまさしくソレだった。 ・・・・やはり、夢は叶わないから夢であって・・・ 日米ビッグネームでの対決となると 無敵ゴジラ vs 怪腕キングコング ってのもあった しかし、これは怪獣映画界の東宝事務所の中での決戦 (東宝事務所内ではこの後、延々とVSシリーズが続く) 怪獣同士ならせめて事務所対抗で 東宝…

続きを読む

さらばウルトラ食玩

食玩の中でも怪獣モノは その複雑な造形を見事に再現していて さらに彩色の細やかさ 印象的なシーンのミニジオラマ と三拍子揃ったコレクションアイテム ・・・でも、材質がPVC 塩化ビニールなので 可塑剤という樹脂に柔軟性を与え型抜きを良くする酸が 混ぜらており、時間が経過するとこれが表面に浮き出して ベトベトしはじめる。 こうなると、食玩の地球での役目も終…

続きを読む

画像合成

コントラスト(明暗差)のキツい撮影の場合は、 露出を調整しても、白飛びや黒つぶれが避けられない。 露出を変えて複数枚の写真を撮影し、それのエエとこ取りを するハイダイナミックレンジという写真ワザがある。 新しいEOS5Dでは、ハイダイナミックレンジモードを選択するだけで 露出アンダー/標準/オーバーの3画像を撮影・合成して ちょっと違った味わいの写真を作ってく…

続きを読む

きゅうりコンテスト

ベランダですくすく育つきゅうり 待ちきれずに食すると、ホンワカ甘い 食べられる直前のきゅうりの姿3葉 上は青々としてるけどつくりものっぽい絵 中は強い陽射しが感じられる印象的な絵 下はまさしくコレコレ旨いきゅうりはコレだったという絵 上 1/160 f7.1 ISO400 Canon Power Shot S95 中 1…

続きを読む

ツタンカーテン

虎:へ~ェ、カーメンは元カーテンだったのかぁ という少年王の真実がわかったのでした。 http://kingtut.jp/ 場所的には大阪人にはおなじみのコチラ やっぱ、黄金の放つ輝きは写真のソレとはちょっと違う さらに今回の展示は横やウラも覗けるようになっていて 一見の価値ありです。 ばん:古代エジプトゆーたらニャンコ崇拝やで、    連れてって…

続きを読む

シークレットアイテム

食玩やガチャガチャには、 スペシャルなお宝バージョンが存在し、 狙ってみたくなるようにできてる。 これまでの戦績の中でも、箱を開けたときに 「ワァァ、なんやコレ!」と仰天したアイテムが こちら。 まず、通常バージョン そして、ちょっと驚いたシークレットアイテム ばん:腕付けるんなら、こんなカンジがええけどなぁ ぐり:ぐ…

続きを読む

どえりゃぁすげぇな

両手にモノを持っていて、 もうこれ以上持てないのに、まだ欲しい。 どっかに溜め込んで集めようとする。 冬眠のための貯えなどでなく、 かき集めることが楽しみになってる。 990円のエサに喰いついたら もう、常連客。 そんな、強欲な収集家を狙い撃ち。 デ○○スティーニ。 でぇりゃぁすげーに。 どえりゃぁすげぇな。 以前、スタートレックファイルで喰いついて…

続きを読む

記憶と記録

憶えることがさらに苦手になった、 憶えようとしても片っ端から忘れる。 記憶容量が目一杯なんだろう。 なのに、記録媒体は際限なく増殖中 本、カセットテープ、レコード、CD、ビデオテープ、 MO、DVD、HD・・・・ ばん:ホンマや、ほとんどお蔵入りちゃうか。 写真だって枚数にしたら3万枚ぐらいあると思う。 でも、記録で置いといても何も起らない 頭の中に入れて記憶に変え…

続きを読む

うちのにゃんこ

連休は四国の田舎で猫三昧=野生化 田舎といっても、今やどこでも大型ショッピングモール。 そんなアンバランスな田舎都会の食料品売り場で久しぶりに、 おっ、と思う食玩に出会った。 「自慢のうちのにゃんこ」 パッケージの足跡に目がとまった。 あっ、まちがい。 こっち。 朝、ぐりこのソレをカメラに収めておいたのが伏線。 なにかのブログネタに・・・と思ったのがこんなトコで! 虎…

続きを読む

カバと遊んでくだサイ

水遊びの大好きなばんぐり。 んなら、室内でできる水遊びを考案。 ばんぱくの見つめるその先には・・・・ じゃぁ~ん、ニャンコ水槽(透明な鉢に水が入ってるだけ) 得意の手酌でグビグビやってるばんぱく。 ばん;ムムッツ、なにか熱い視線を感じるなぁ。 ぐり:おにいたん、気のせいでち。ぐりこはそれ×でち。 ばん:そぉかぁ、カバとサイもおるんやけどなぁ ぐり:エッーッ、どこで…

続きを読む

夏バージョン

ばんぱくもぐりこもサイコーの一張羅の持ち主。 どこでもいつでもピカピカのおめかし。 しかもセルフクリーニング。 だいたいニャンコの被毛は、2~3ヶ月かけて伸びてその後1~2ヶ月で新しく生え代わる周期といいます。ニンゲンのように1個の毛包から1本太い毛が生えるような単純なものではなく、1個の毛包から最大で6本もの主毛が生え、その主毛が副毛(柔毛と剛毛)で囲まれる構造です。 各毛包には独…

続きを読む

久々の掘出し物

欲しくて欲しくて、物欲の化身と化し手に入れるのもイイけど、何の気なしに寄ったお店で良いものを手にすると幸運を感謝したくなるシアワセ。 そんなものが3連発。 まず、左から。 動物の立体造作家、朝隈俊男氏のシリーズからパンダ http://clayanimals.net/ おなかまわりにひじょーなる親近感が湧いてよろしい。 中央は ブラス!1996年のイギリス映画で、とても…

続きを読む

銀河鉄道な夜

秋の日はつるべ落とし。 まさにそんな毎日、夕闇の早さに戸惑いながらも秋の夜長ネタを探そうとしているとウェブリブログに新しいデザインプレートが追加になっていた。 じゃぁーん「宇宙」(図柄は10種、ランダムに登場するらしい) 夜空に宇宙を想うとやはり銀河鉄道 ジョパンニやカムパネルラもどーしているのかな。 メーテルと鉄郎は? しかし、フィギュアの進化はスゴい。これがたったのワンコ…

続きを読む

急に冷えてきたら

昨夜、会社帰りに外が急に冷え込んできた。 私の世代ではこういう時、ヤツが来た!んではなかろうかと思ってしまう。(イヤ、そうなったらエエのに・・という馬鹿げた願望が正しい。) それもいくつか候補がおる。 トップバッターはペギラこれには解説不要、満場一致。 お次はバルゴンマニア度はこっちが上、冷凍怪獣だけど水に弱いというシリアスさ!(どこが?)虹色の光線まで発するファンタジスタで大好きで…

続きを読む

虎の穴の仲間

北摂虎の穴という倶楽部:けっして反則専門のモデラーを養成してるわけではないのだが、この名を付けた以上どーしても、タイガーマスクのことが気になって仕方なかった。「タイガーマスクシリーズの食玩が欲しい!」(なんや、結局そっちのほうかいなー)でヤフオクでお買い上げ、すばらしい胸像モデル。あと、ビッグ、ブラック、キングの3幹部、ザ・レッドデスマスク、ザ・ゴールデンマスク、ザ・ピラニアン、デビル・スパイ…

続きを読む

チェスト・バスター現る

おいしんもん喰って、好きなだけ寝て、歌って、絶叫して、そりゃ太るわな。御主人に体重計上に拉致されたけど、6.8Kgで踏ん張ってる。しかし、このおなかは、何か宿っていると思われても仕方ないか。リプリーの飼い猫もそんな懸念を残したまま映画が幕を降ろした第1作のエイリアンだったが、あれはチェスト・バスター、胸に巣食ってる幼獣でオイラのは出たとしてもストマック.バスターのはず。

続きを読む

こりゃぁ来るな。

また、地球が揺れたネ。新潟、福岡と揺れた時にゃぁ、列島全体がペキペキッと動いてること確信して、オイラの缶詰とカリカリの備蓄をお願いしたんだけど、そんな規模ではなさそうな気がしてきた。箱舟用意してくんなー。な?阪神の震災の時、地鳴りがしても仰向きに寝てたネコのくせにって!そのオイラが心配するぐらいだから、ただゴトではないっていうこと。 「ゴア!おまえやな、犯人は」「ちゃうワイ、アースがあばれと…

続きを読む

ガメラ小僧

小僧じゃなくてオヤジだけど、御主人はカメラ好き、イヤ写真好きだな。(戦車の写真集買って来ては、同じショット見つけて落胆の繰返し、もうよしな)デジカメブームの時でも「奥行きと動きがでない」とかナンクセ付けて、重いEOS630にこだわっていたのに、MACをG4 Pantherに替えてUSB対応環境ができると、「ブレたら負け」だって?アユのデジカメ離さなくなってやんの。その変わり身うらやましいワ。ど…

続きを読む

C53形 43号機

チョコエッグのSLシリーズでひときは異彩を放つ流線型の機関車がこれ。転覆脱線事故を契機に客車が木製から鋼鉄製になり、3シリンダ方式でパワフルなC53が任を受けて特急列車を引っ張ったと聞いていたが、なに戦のマリゾ提督がこのC53親爺だったなんて!一気に流線型に進化した43号機だけど、空力なんて戦前の鉄道省では認知されず、保守・点検整備性を重視されてフルカウルはひっぺがされたそうな。それでも、十…

続きを読む

虎錠之介

この剣士を憶えているかい?『 快傑ライオン丸 』 にて大魔王ゴースンが、ライオン丸の刺客として送り込んだ虎の魔人の正体。ゴースンから授かった銀砂の太刀でライオン丸と対決するが右目を負傷したため眼帯をつけている。必殺技はタイガー霞返し。のちに魔剣隼斬りを編み出したんだ。で、オイラの必殺技はタイガー鳴き落とし(鳴き脅し)。フンギャぁっっウヮォ~ン。

続きを読む

食玩怪獣

先日、深夜にTVで『フランケンシュタイン対地底怪獣バラゴン』をやってた。キンゴジの翌年S40年公開で、ゴジラの半分程の大きさの設定で動きも動物っぽく人間との距離感も近くなり、人間や家畜(ネコもヤバい)を喰うというんで、結構怖くよく出来た作品。脚本の原案は外人で、海外封切りも狙ってた作品だとか。 当然怪獣世代の御主人は食い入るように見てた。で、そんで終わらず、今日はウチにバラゴンがやって来た。…

続きを読む