映画猫

贔屓のミュージカルがスクリーンでどうなるのか 待ち遠しかった。 四季キャッツとの違いに戸惑ったけど、 結果的には キャッツ=Old Possum's Book of Practical Cats の奥深さにさらに惹き込まれる作品だった。 えっ!その一 長老猫が雌猫に。 が ↓こちらに パンフレットで知ったジョディ・デンチとキャッツの縁 1981年当時の…

続きを読む

大阪CATS

2003年に大阪MBS劇場での千秋楽以来 静岡ー広島ー仙台ー東京ー横浜 と、ここまではフツー。 しかし、その後 広島ー仙台ー静岡ー福岡ー札幌 虎:オイオイ、何処か忘れちゃおまへんか そして、ようやく13年ぶりに24匹の猫が大阪に帰ってきた 期待以上に大きく進化しておりました 猫の世界にどっぷり浸かれます 猫たちが客席を舞台と同化してくれます 劇場外ギリギリから…

続きを読む

ハクナ・マタタ

くよくよすんな ってコト。 ようやく大阪に帰ってきたライオンキングを観てきました。 公演地ご当地弁でのティモンとプンバァの (ミーアキャットとイボイノシシ) かけ合いは関西弁ならではのテンポとノリの良さで 会場はその時吉本でした。 ザズ(サイチョウ)まで調子に乗って六甲おろしを。 虎じゃなくてライオンキングなのに・・・。 冷えこんだ休日に暖まるミュージ…

続きを読む

コワいものみたさ

大阪初公演の舞台初日(11/28) おそるおそる、コワイもん観てきました。 パンフレットがナイス。 今回のファントムが、自分にとって最後の ミュージカルとなるつもりで挑みます。 大沢たかお ・・・・うーん、よーわかってるワ。 街はもうクリスマス

続きを読む

ハロウィンキッド

ヨーロッパのお盆みたいなのも商売につなげる日本 ええオッサンまでがデコレーションのニャンコ につられてつい手を伸ばす。 きっと、うしろで糸引いてる魔女の仕業。 そんな魔女の元に呼び出されました。 四季のミュ-ジカル ウィキッド 凝った舞台装置と衣装に惹き込まれて オズの住人になった3時間、 善い魔女と悪い魔女、 「物事をいろんな角度か…

続きを読む

美猫と野猫

ディズニー初のミュ-ジカル「美女と野獣」は 劇団四季の舞台でそのスケールと迫力が アニメを超えていると思う。 何度観ても、夢の華麗な世界に連れてってくれる2時間50分。 それにしても京都の夏はあち”ぃ。 だから、京都の夏は鴨川の川床(納涼床) 京都駅から烏丸~河原町~先斗町へ。 と、極上の一日を満喫して帰ってくると おりました、うちにも変わりモノの…

続きを読む

見果てぬ夢

日本での上演が1133回目の 「ラ・マンチャの男」を観た。 あまりにも有名な名作「ドン・キホーテ」と その作者であるスペインの小説家セルバンテスの話。 日本初演は1969年4月4日、帝国劇場 ここからずーっとセルバンテス/ドン・キホーテ役は 九代目松本幸四郎(当時は六代目市川染五郎) 一つの作品を同じ俳優が単独主演するミュージカルの 日本国内最多上演記録を更新中。 …

続きを読む

日本上演20周年

怪人好きなもんで、また観ました。 大阪四季劇場、前から7列目のド真ん中、 奇怪な事件で重要な役割を演じる巨大シャンデリアの下。 これほどの辱めを決して許さないと誓うファントムが 下からギリ見えるくらいの座席。 出演者の視線がビシビシ刺さる距離。 観てて緊張します。 村おっちゃんファントム、伊藤デカクリスティーヌ に出会えて、 やっぱり「凄い」。

続きを読む

夏バテ対処

夏バテ防止法・・・・なんちゅうもんは信用しません。 このうだる暑さに身をおいてバテない、っちゅうことはありましぇん。 どーせバテて愚痴るのだから、 限られたパワーを楽しいことに使って、その場を凌ごうという魂胆。 ばんぐりの場合は当面、コレ。(狩り) ばん:ぐりこっ、でかしたぞ。 ぐり:ぐりこまだでちから、すんだら返してでち。 しかし、今朝の生け贄は4つの縦1マナコの…

続きを読む

Tonight

春休み、リフレッシュ第一弾は 京都劇場で劇団四季の「ウェストサイド物語」 強烈にエネルギー注入していただきましたっ、てカンジ。 特にいいモノめっけ、とニンマリしたのは マリア役に抜擢されてる笠松はるさんの「Tonight」 シャーク団のリーダーの兄、ベルナルドに 故郷のプエルトリコからアメリカに呼び寄せられた 初々しい妹らしさ、いっぱい。 見事なソプラノにブラボーッ。 …

続きを読む

3JC

また、風邪ひいた。 この秋、3度目。 こんなこと初めて、年に1,2回が相場。 一度ひいたら、4、5日は引きずるタチ。 のど、寒気、鼻、咳、熱以外はフルコース。 快復後、またとばす、調子こく、またひく、の繰り返し。 きっと抵抗力が落ちてるせい。休もう。 と、つつましく久々の2連休としたこの週末はJC三昧。 土曜JCD:ジャパンカップダート、穴狙いハズ…

続きを読む

やっぱり凄い!

『凄いらしい。』のキャッチコピーが風化することなく 評判通りの凄さを保っている、劇団四季の「オペラ座の怪人」 大阪四季劇場で堪能して参りました。 京都劇場で観て以来、実に4年5ヶ月ぶりです。 キャスト表を比較すると、前回と同じ名前は ファントム:高井 治   ビアンジ:石井健三 のお二方のみ クリスティーヌもラウルもカルロッタも代わっておられました。 でも、やっぱり凄い! 舞…

続きを読む

ねこまんま、みゃーあ!

ばんぐり兄妹で5.6時間の留守番は大丈夫なカンジになって、ようやく、ハービスENTの大阪四季劇場の「マンマ・ミーア!」に出かけた。 柿落し公演ももう千秋楽間近、今宵はクリスマス・ウィークの特別カーテンコールが用意されていて、その時振回すライトセイバーいや違ったブルーのサイリュームを入り口で渡され、ちょっとシアワセ。(我ながらチョー単純) 70年代後半から80年にかけてのABBAのヒットナ…

続きを読む

レ・ミゼラブル

ばんぱくは1.6Kgになって元気いっぱい。 とは言え、お腹にコーモンさまがいらっしゃる状態では何かと心配。 一人で留守番させるのも3時間が限度かなぁ、と映画や外食も封印中。 しかし、今夜はずっと前からチケットを押さえてもらっていた「レ・ミゼラブル」、なんでも大阪は8年ぶりとのことで梅田芸術劇場も満員。怪人ロングラン10周年盤で聞き込んでいた今井清隆さんのバルジャン、井料瑠美さんのファンテー…

続きを読む

初回限定版

モデラー、いやコレクターにも近い私は、コレに滅法弱い。出たらすぐ欲しいという強欲な罪をすぐ買うと得になるという言い訳で中和してしまう、魔力のキャッチフレーズ。今回もファントムに囁かれて、オペラ座の怪人DVDはコレクターズ・エディション初回限定生産を選択、本編143分+特典映像269分、なんと全部観るのに7時間近くもかかった。しかし、しかし、大満足の出来!サラ・ブライトマンが歌うプロモーション映…

続きを読む

エンジェル・オブ・ミュージック

御主人夫婦は昨晩いそいそとレイトショウに出かけてたよ、お目当ては{オペラ座の怪人}。四季に嵌まって京都やMBSに通って、今度は五反田と汐留のハシゴを狙ってるみたいだけど、とりあえずは映画のファントム。期待通りのミュージカル仕立てで、「ザ・ポイント・オブ・ノーリターン」「ザ・ミュージック・オブ・ザ・ナイト」「エンジェル・オブ・ミュージック」を十分堪能したご様子。なのに、エッ?もう遅いからオイラ散…

続きを読む