戦車界の三船敏郎

第二次大戦中、究極の最強戦車といわれたケーニッヒスティーガー この実車を初めて見た時の感覚は 「道でばったり三船敏郎に出会ったような感じ」 と聞かされて、 なるほどといたく感心した思い出がある。 たぶん、こんなカンジではなかろうかイメージ 博物館でしか実車は見れないけど、YouTubeでは 当時の映像が見れる https://youtu.be/XwcuxkiLbT4 …

続きを読む

四色迷彩

ロシアングリーンといわれる、少し明るめのグリーン単色塗装が ソ連戦車の定番だけど、 実は、規定上はこれにダークブラウンとサンドイエローの雲型迷彩を 施すことになっていたという話がずーっと気になっていた。 迷彩効果の出そうな車体のJSU-152 1944年夏の第4機甲軍第374親衛重自走砲連隊所属の車両には 黒のアクセントが入った4色迷彩が施され、とてもカッケーッ。 いつものベー…

続きを読む

模型梅雨支度

6月の真夏日と言っても、湿度が低けりゃまぁ快適 ところが、どうやら今週には梅雨入り模様。 モデラーの梅雨支度は、エアブラシ 工程を済ませておくこと。 分解洗浄とグリスアップで復調したエアブラシ を駆使して 5月〜6月は制作休止中のキットの中から8キットのベース塗装を敢行 残り2キットは調子づいて、迷彩工程にも突入 次記事にて。

続きを読む

戦車古文書

戦車好きになったのは間違いなくこの一冊という 個人的古文書が棚に残っている 丸 ’69 新春2月特別号別冊付録とあるから、51年前の古本 当時の同スケール原色図鑑という中綴じがこんな感じだから 今よりずっと戦後に近い時代だったことが不思議 表紙にはカラー版とあるけど中身の写真集はモノクロ それでも、刷り込み効果は強烈で このページと表紙ですっかりチーフテンの虜になってしまい…

続きを読む

14年ぶりのスズメ蜂に泥

戦車模型が塗装まで完結できない状態がもう10年 塗料が干上がる前には再開を、と 引っ張り出したのが、これまた14年前に組み上がっていた 自走榴弾砲Wespe https://hokusetsu-tiger.at.webry.info/200604/article_4.html ウェザリングペーストなる泥汚れの素を使ってみた 虎:出来栄えはともかく、お手軽なことは間違いなし …

続きを読む

ダイオラマ療法

氾濫する模型製作How to本を読み漁り オツムもお腹も一杯になって、手が動かない こんな症状を患って久しい。 1989年12月のMM146 タイガーI後期型で 出戻った後、夢のように楽しく熱中した模型製作。 そのピークであり、今から思うとひとつの集大成形だった ダイオラマ製作。 「ダイオラマは足し算だ」 自分の作り始めた情景をどんどん広げる楽しみ 思ってもなかったアイ…

続きを読む

ホールドの帰還

製作中の極小パーツの紛失 よくあるパターン 1、ランナーから切り離した勢いで発射 2、置いていた机の上からコロンと落下 3、ピンセットでつまんでいる最中に噴射 発生時は、飛翔した方角と落下音を頼りに そろりとローラー作戦よろしく這いつくばって 血眼の捜索で見つけるのだが、 ちょうど2年前に3のパターンで脱走した 牽引ホールドはとうとう見つからなかった。 これが残った左牽引…

続きを読む

96式

その後継車開発が揺れてる8輪の装輪装甲車 ブリジストンのコンバットタイヤが片側に4本並ぶ壮観 舵を切るのは前2軸駆動輪は通常後ろ2軸で、8輪駆動にも切り替え可。 ここからは、マニアの接写資料館

続きを読む

先着200枚×2

日本原駐屯地創設54周年記念行事 今年のテーマ「至誠」でのもう一つの楽しみが 戦車試乗 試乗券の配布は9時と13時それぞれ200枚 これに対し、推定入場者10000人 結果は 戦車試乗見学 広場をチンタラ走るのではなく、木立ちの外周コースを爆走 ・・・いいなぁ 乗降にはタラップ用意してもらってる ・・・ええなぁ 試乗車は3両、それぞれ異なるタイプの74式が用意されて…

続きを読む

第13戦車中隊 74式戦車

空冷2サイクルV型10気筒ディーゼルの咆哮に 酔い痴れた、日本原駐屯地創設54周年記念行事 https://www.mod.go.jp/gsdf/mae/13b/nihonbara/toppage.htm 観閲式のトリ 模擬戦での連携行動 やっぱ、曲面砲塔の戦車は表情豊かで、見ていて飽きない

続きを読む

Operation Midway (独モノ)

Pz.Kpfw.Ⅳ Ausf.J Mid Production (DRAGON) Stu.Pz.Ⅳ Brummbar Mid Production (DRAGON) 8ton SEMITRACK 3.7cm FLAK37 ARMORED CAB TYPE (TAMIYA) Pz.Kpfw.Ⅱ Ausf.L LUCHS 4.Pz.Div.VERSION (ASUKA…

続きを読む

Operation Midway (露モノ)

BTー7 MODEL1935(TAMIYA) T34/76 1942PRODUCTION MODEL(TAMIYA) T34/85 with Bedspring Armor(DRAGON) JS-2 MODEL1944 ChKZ(TAMIYA) JSU-152(DRAGON) BMP-3 with Upgrade Armour(TRUMPETER)

続きを読む

Operation Midway (英モノ)

戦車ブログといいながら、 もう2年も「戦車」タグ記事なし ペースは落ちているが着実に膨らむストックの中から 手を着けるも全てが道半ば 平均余命という統計からみて作戦変更 道半ばでも止まったところでヨシ とりあえず、1次ミッション終了 というワケで、戦績まとめ まず英モノ CHIEFTAIN Mk.11 (TAKOM) SHERMAN FIREFRY …

続きを読む

ワンマン競作

最近あまり目立たなくなった表記だけど ワンマンバス ワンマン電車 と、いうのが流行っていた。 今年の模型コト始めは、 どっちにしようか迷った2キットを同時に作ることに。 虎戦車のポルシェ系列の2輛 ポルシェ博士設計のVK4502(P) 2基のエンジンで発電機を回し、 その電気を使った2基のモーターで 64tの車体を時速20km/hで走らせる予定だった。 前方砲塔…

続きを読む

エポックメイキングだったキット

ひと昔を10年とすると ひと昔前あたりから夢のような プラモデルキットが溢れている 夢のようなとは、ふた昔前から見ての話 プラモデルを採点するなら 考証の精度、 それをカタチにする成形技術、 各パーツの組合わせ易さとピッタリ感、 細部の再現性、 夢のような戦車プラモはこれが軒並み90点以上 なのに、 夢のような・・・・までであって ふた昔前の65点でも…

続きを読む

ジェットストリームアタック

ガイア、マッシュ、オルテガ 黒い三連星と呼ばれる3人のモビルスーツパイロットが 得意とする攻撃フォーメーション 艦隊戦ではお馴染みの単縦陣の陣形 これを戦車ダイオラマでやってみたいな と、1/144 WTMでレイアウトの見当をつけた 虎:ウッシッシ、これはいけそう スケールUPで迫力UPを狙おうと素材準備 ここで少々キャスティング変更 KV-1をより武骨なKV-…

続きを読む

ボーナスディスク

戦車映画の前に戦争映画だったFURY もっと戦車の部分を DVD版オマケのボーナスディスクに期待 約68分のオマケは ・当時の機甲部隊映像 ・メイキング映像 これにアーマーモデリング監修の特製解説書 これぞ待ちわびていた戦車映画 劇場公開時には、なんだかなぁというカンジだった AFVモデラーのためのセット になってます ニャンコ好きのためのばんぐり…

続きを読む

ぱんぱんなスマートキット

箱にも  Smart Kit  と堂々と書いてるのに 開ける前から、もうぱんぱんに膨らんでる 開けてみると もう、元には収まらない発散ぶり その中身はこの写真 敵戦車66両撃破の戦功で騎士鉄十字章の受章が決まり その日にもさらに16両以上を血祭りに上げた伝説のエース 一番前がヴィットマンSS少尉 後ろの戦車上の向かって左から、 イアガングS…

続きを読む

リアリティ

封切りが待ち遠しく突撃した映画は久しぶり お目当てはボービントンのティーガー131号車の勇姿 主役のFURY号も実在の車両というから臨場感MAX FURY号役のM4A3E8 イージーエイトは 自衛隊にも配備されていて61式とともにゴジラに立ち向かった戦車 (朝鮮戦争で虎の顔を前面にペイントした車両が有名) http://www.hs-tamtam.co.jp/item-5…

続きを読む

OD色

アメリカや日本のミリタリーカラーといえば、 オリーブドラブ。 オリーブの実がクスんで黄褐色になったような・・・ 簡単に言うと、緑と茶の混ざった色。 のっぺりとした戦車なら迷彩塗装のアクセントもいいけど 61式戦車はOD単色でシルエットを楽しむことにして さて、どのOD色にするか? 実際に触れた実物は迷彩塗装だったので、 濃い緑が印象的。 でもこれは、平成2年に設…

続きを読む

決めポーズ

カタチあるものは、見方を変えれば いろいろ楽しめる 模型の楽しみは、前後左右に加えて 上下の視点もあっさり手入るところ さらに模型の中では、回転砲塔を持つ戦車の 表情が豊か 61式戦車の組立完了 塗装待てずに早速、眺めを満喫 61式といえばコレ MM世代にはリモコンキットの箱絵が刷り込まれている シングルのポーズもなつかしい 1961年に制定され…

続きを読む

ミスター戦車

ホンモノに触れると、思いは特別 18年前にそのキューポラにすわって 戦車長気分を味わった61式戦車 ようやく、納得のキットを手にした こだわりたいキューポラ 防盾キャンバスカバーもいい感じ 起動輪のディテールもばっちり キットの誘導輪は重量軽減穴タイプ 一体成形された履帯のたるみもぴったり 別売エッチングはツボを押さえてます 北…

続きを読む

・・・のような映画

怪獣と ニンゲン、しかも親子2代にわたって 3組の夫婦愛を描いた映画を見てきました。 題名は・・・・・・・・ GODZI・・・・とかが流れていたと思います。 感想はぐりこの表情通り カタストロフィさがまるで足りません 箱にしまい込んでたGが恋しくなって 引っ張りだした次第です。 劇場予告編で楽しみなのを見つけました FURY 戦車好きのみ…

続きを読む

対空竜

地球の大陸がひとつだったパンゲアが 分裂をはじめ、高い山脈も少なく 気候も温暖、台風も少ない ジュラ紀に栄えた巨大恐竜 私の世代に刷り込まれたのは オオラァ~ッ、怪獣王子の ブロントサウルス 雷竜 なぜが、ネッシーという名だった 結構凶暴で、噛みつくし火炎まで吐いてた 主題歌が好きだった原始少年リュウの ティラノサウルス 食肉竜 劇中の名前はまんま、ティラノ …

続きを読む

長期保存可能商品

駆け込みブーム どーせ買うなら8%になる前に・・・ 買ったまんま長期保存できるものがよろしい ・・・・思いつくのは、模型 97年の5%、89年の3%を語り継ぐ強者も健在 MMシリーズNo.69  その後5桁化された35069の表示と異なるトコがミソ たぶん、30年物(税無し1000円) 一方、世の中は断捨離ブーム 在庫模型の呪縛から解放された…

続きを読む

白の景色

真っ白な騒ぎに乗り損ねた大阪 それでも一時的にはこんな景色 戦車の色といば、緑や迷彩が模型の定番 でも鋼鉄の冷たさが際立つのは白い戦車 こちらは冬将軍をまるで感じさせない景色

続きを読む

オブイェークト219AS

ソ連陸軍の精鋭部隊配備用戦車T-80の改良型として 1980年代後半に配備の始まったT-80U (試作時の名称はオブイェークト219AS) 現在、普及型戦車T-72を改良強化して ロシア連邦軍の主力戦車となっているT-90より 強いんじゃないかと思う 私好みの車両を400点を超える部品で再現した 意欲的なキットが到着 砲塔の3面に刻まれた鋳造肌 抜きも秀逸 …

続きを読む

3コ1 作戦

カッコ良く言うとミキシング 複数のキットのエエとこ取りで組み合わせて 思い描いた仕様の戦車を手軽に製作する手法。 特別な工作技術を持ってなくても たくさんの似たものキットのストックと 間違い探し的な比較眼があれば プランニング段階で十分楽しめます。 このキットをベースに こちらのキットから転輪を拝借して こちらからは履帯を拝借 塗装はこの中から選択…

続きを読む