第13戦車中隊 74式戦車

空冷2サイクルV型10気筒ディーゼルの咆哮に 酔い痴れた、日本原駐屯地創設54周年記念行事 https://www.mod.go.jp/gsdf/mae/13b/nihonbara/toppage.htm 観閲式のトリ 模擬戦での連携行動 やっぱ、曲面砲塔の戦車は表情豊かで、見ていて飽きない

続きを読む

やはり謎

いそいそと読んでみた ウンウン、 そうそう、 なるほど、 やっぱりね、 でも、ネコの大脳新皮質の構造からすると コヤツの場合は説明がつかないシーンが多過ぎて 一体、何者?感がさらに深く。 やっぱ、なんか入ってる。

続きを読む

どーもっ、ドムっス

MSヘッドシリーズも第5弾 ドム参入、ガチャ卵の殻も全て使い切る造形 カモはトコトン狩り取られる時代 https://gashapon.jp/exceedmodel/ ズングリヘッドをぐるりと一回り 黒頭巾の一つ目小僧はお気に召さないぐりこ

続きを読む

オリジナルバースデーカード

年を越して祝うのがお正月で 歳を越して祝うのが誕生日 12歳を越して13歳になったぐりこのお祝いはコレ それなりに貫禄も出てきました。 カードのプレゼンターモデルは兄貴?

続きを読む

トレッキーでトラッキーと鳥っキャァー

フルCGのSFスペクタクルに食傷ぎみな時は、 宇宙大作戦を引っ張り出していたが、 そろそろテープもデッキも限界。 ブルーレイのお世話になることにした 放送当時のオリジナル映像と特殊効果部分のデジタルリマスター映像が 同時に楽しめるという優れもの。 劇中では新しい文明、新しい生命を探す旅だけど 観ている側では、人の生き方、哲学と出会う旅でもある。 人生を識るなら、シェークス…

続きを読む

木の王様

日本なら欅 海外ならチーク が、その美しさから木材の王様と言われる。 名前で王様の素材を使った逸品を筆箱に迎えた 鉛筆3兄弟、上から マホガニー、キングウッド、チューリップウッド ばん:やっぱ、一番はマタタビやろ

続きを読む

一日の大切さ

わかっているつもりで、わかってない。 ヒトの寿命は大体30000日齢 家ニャンの寿命は大体6000日齢 今日で14歳のばんぱくは、5113日齢 朝昼(晩は最近禁止)の巡回散歩で草喰って、 ゲロって、たまにセミさんゲットして の一日がどんなに大切か。 残り日齢で考えると焦る気持ちにもなるけど ナイスゲームなニャン生を甲子園で言うと、 7回裏のラッキー風船が舞ったあたり…

続きを読む

グレーの3号機

白と黒の間は灰色 このグレーの範囲は広大で深い だからヒトを惹きつける 欲しいモノが出るまでガシャポンを回す という 私と同じ性分の御仁から、またしてもお裾分けの 通称G−3、RX−78−3 GANDAM 大活躍、大成功の2号機の改良版ということで マグネットコーテイングでグレー塗装という設定 成型色は明るすぎる印象なので強そうなグレーに 例の卵の殻を再利用してヘッドア…

続きを読む

サクッとザク

お盆の台風で時間がたっぷり出来たので 頂きモノのザクの卵を孵すことにした。 卵は陸戦型ザクⅡ MS-06JC 卵の中身は サンド色の陸戦型となれば AFVモデラーにとっては、ホームグランド 躊躇なく砂漠迷彩敢行 ロボット兵器の代理戦争に移行したら 人類はロボットの性能向上やカラーリングにのみ ヒートアップできるようになるのかな

続きを読む

翅脈

毎夏ばんぐりが大変お世話になってる蝉 アブラゼミが多く、クマゼミは稀 アブラゼミの羽根(昆虫の場合は翅)は透明ではなく 茶色ベースに凝った迷彩柄 翅の骨格を形成しているライトグリーンの翅脈は クローズアップしなきゃもったいない逸品 下翅は深みのある赤茶色にオレンジの翅脈 美しさに加え、蝉の翅には構造的な抗菌効果があるそうで 自然が生み出したものは偉いっ グリ:こ…

続きを読む

屏風の猫(彩色)

石膏への色付けとなると 素材の白地を活かしながら にじみやぼかし効果の期待できる透明水彩絵の具 中でも発色が良く、褪色、変色の少ないパンカラー 選んだのは、AFV模型のフィギュア塗装で 使い慣れた信頼するブランド イギリス王室御用達のウィンザー&ニュートン パンカラーという名前の由来はわからないけど 半乾きの固形を盛り上げた形がパンにも見える 彩色結果 屏風から追い出…

続きを読む

局地型ガチャ

ザクヘッドの次はガンダムヘッドという、お決まりの流れ しかし、このガチャになかなか出会わない。 出張の寄り道、梅田の地下でようやくCONTACT FIRSTガチャ、灰色の卵 「アカン、これはヘビーガンダムや」 SECONDガチャ、白い卵 「なんや、あっさりホワイトガンダム出たなぁ」 卵割ってみると、??赤いバイザー装着してる 正体はRX-78-01[N]局地型ガンダム …

続きを読む

屏風の猫(流し込み)

今回は浮き彫りのニャンコレリーフの予定なので シリコーン型は半面分で完成。 レリーフの素材はぬくもり感のある石膏を選択 20年前に使った残りモノの吉野石膏の焼石膏A級でトライ 型抜きが心配で離型剤も準備 石膏1000gに対し水720mlの比率になるよう計量 水への石膏投入1分、放置1分、撹拌4〜5分で トロリとしてきたら型に流し込み 1時間弱で石膏が固まったら型か…

続きを読む

屏風の猫(型取り)

今回ポストカードから追い出すニャンコは多頭数を予定。 コピーキャット製作のために、シリコーンゴムで型取り。 他に必要なのは、型枠とその底になる粘土 焼き上がったスカルピー の表面はカサカサしており シリコーン型の表面に貼りつき防止のために、 サーフェイサーで軽〜く処理 シリコーンゴムに混ぜる硬化剤は100:1との指定。 計量器のデジタル表示を見ながら硬化剤をポタポタと滴…

続きを読む

屏風の猫(原型作り)

屏風(ポストカード)のニャンコを引っ張り出す工程を 原型作り→シリコンゴム型取り→石膏流し込み→色付け に分けて、ぼちぼちと作業。 初心者なので技は無く、いつものように道具に執着。 一休さんの注文ではないけど、このポストカードから へそ天爆睡中のニャンコを紙の中から追い出します。 絵をそのまま肉盛りの下敷きにするため、ガラス板に貼り付け 肉はちまちま作業にぴったりのグレ…

続きを読む

ばんぱくの冷や水

再生治療で絶好調継続中のばんぱく 1日3度の散歩パトロールが何よりも好き 調子こいてるとズッコケるのは世の常 そして、これである 夜練から帰還してくると 本人素知らぬ顔なので、ケンカではなさそう ガラスでも踏んだのなら、肉球のはず 右脚の甲のケガって??? とにかく、傷口が治るまで外出禁止っ

続きを読む

ニャン湖の未確認生物

湖面から「にゃっ」と突き出したそのシルエットは 捏造の代名詞となったあの「外科医の写真」を思わせる 頭部に生えた三角形の角が二つ がっしりした首に長い胴 写真の特徴から推定される生物は 7000万年前に恐竜が絶滅した後、 地上を支配した肉食獣の肉歯類の末裔 湖中の怪しい光輪から UFOがもたらしたUMAの可能性も・・・ 果たしてその正体は にゃんこ(湖)の…

続きを読む

怪獣大戦争の覚醒

恐竜恐竜したジュラシックゴジラは論外 呉爾羅伝説を謳った前回ハリゴジも くびれの無い造形とカマキリギャオス夫婦相手じゃ 「なんだかなぁ」 でも、今回は見事に覚醒してくれました。 怪獣大戦争で想像と期待の妄想を駆使して脳内リメイクしていた 宇宙最凶と地球最強のモンスターのバトルシーンを 心ゆくまでリアルに目の当たりで展開してくれます。 そして、全編に散りばめられた東宝ゴ…

続きを読む