情景1/35の背景

遠い昔、遥か彼方の英国で・・・

プラモデルの標準スケールは、老舗エアフィックスが展開していた
航空機が1/72、軍用車両は1/76 。

日本での戦車模型のスタートはハセガワが1/72、フジミが1/76
ハセガワは航空機ジオラマに登場する整備車輛のスケールに合わせたという。
一方、走る戦車で差別化商品を目指したタミヤは
当時のマブチモーターが積めるサイズとして1/35を開発。

模型の大きさとしてはほぼ2倍だけど、
その分、精密に再現された車輛とフィギュアにプラモ小僧が群がった。
タミヤニュースで紹介される情景写真やそのコンテスト特集「パチッ」を見ては
「コレ、プラモちゃうで本物ちゃうか」と感心しきり。

戦車に地面、建物、フィギュアが加わる情景作品は場所をとり過ぎる
とのオトナの言いがかりもあり、「情景模型派には1/48」をバンダイが提案。
ところが、こちらは肝心のフィギュアが残念な出来栄えのため失速。

人形改造コンテストなどにも力を入れていたタミヤは
フィギュア、戦車、のバリエーション展開をさらに充実させ
今では世界中のメーカーが戦車と情景は1/35に追従してるという背景。

戦車の情景といえば、フランソワ・バーリンデンかシェパード・ペイン。
お二人の作例がたっぷり紹介されたタミヤ の情景ガイドブックは
永遠のバイブルであり、以下の教えが鮮明に刻まれている。
「情景と情景写真は全く別物」
「レンズを通して見ると、また違った世界が広がってる」

バーリンデン氏の情景作品集で、
単品作品→情景作品→情景写真と広がる世界に陶酔。
M8自走榴弾砲を例にその広がりを1枚にまとめると487926CA-9A88-4B71-BADF-F718A535F9A0.JPG

製作からやがて19年が経過しようとしてる拙作を
スマホのレンズを通して眺めた。
素材の作品がコレ。IMG_9185.jpgIMG_9187.jpg

スマホは薄くレンズも小さくてアングルの自由度が高いのが魅力IMG_9173.jpgIMG_9153 2.jpgIMG_9183.JPGIMG_9114.JPGIMG_9116.JPGIMG_9147.JPG

視点を上げて見るとIMG_9141.JPGIMG_9110.JPGIMG_9158.JPG
そのまま上げて真下に見下ろすとIMG_9125.JPG

偽装の出来栄えを悩む頬杖も視点変われば、IMG_9120.JPGIMG_9135 2.jpgIMG_9182.jpg

突然の戦闘に巻き込まれた室内IMG_9113.JPG
半壊の室内にも窓から差し込む陽IMG_9150.JPG

小物にも訳のありそうな物語IMG_9136.JPGIMG_9137.JPGIMG_9121.JPG

そして、オチは
情景が1/35ということは
家ネコがバラゴン級の怪獣に相当するという、
特撮の世界に広がっていくという話IMG_0072.jpgIMG_0069.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた
ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • 戦国伝道師PJ

    おはようございます!
    おお~懐かしい♪~
    今と比べても遜色無しの作品ですね💛
    それが。。。
    怪獣の一撃で消えてしまうとは。。。
    それが、模型の宿命💦
    それでも、作り続けてしまうモデラー魂こそ、我人生(=^・^=)¥
    2021年01月22日 08:21
  • 北摂の虎

    >戦国伝道師PJさん
    陽の当たらない戸棚にしまい込んでいたおかげか、色あせがほとんどなく、保存できていたようです。ニャンバラゴンの来襲はかなり前の絵なので、ご覧の通りの状態に修復?済みです。
    破壊神が訪れた時は、慌てて大声出したり防御行動はあきません、キラリンッと爪が飛び出して、被害が甚大化します。息を止めて引きつり笑いでお祈りするしかないのです。
    2021年01月22日 13:36