ダイオラマ療法

氾濫する模型製作How to本を読み漁り
オツムもお腹も一杯になって、手が動かない
こんな症状を患って久しい。

1989年12月のMM146 タイガーI後期型で
出戻った後、夢のように楽しく熱中した模型製作。
そのピークであり、今から思うとひとつの集大成形だった
ダイオラマ製作。

「ダイオラマは足し算だ」
自分の作り始めた情景をどんどん広げる楽しみ
思ってもなかったアイテムの付け足し
長期在庫アイテムの活用機会の思いつき
情景内の複数目線でのドラマ設定

何より、自分勝手、自由気まま、
やりたい事をやりたい放題

つまり、箱庭療法的製作だった。

そんな、20年前のダイオラマ作品を引っ張り出して
模型の楽しみ方をおさらい。

作品名は「Water Supply」
060A1181.jpeg060A1184.jpeg060A1175.jpeg060A1197.jpeg060A1178.jpeg060A1185.jpeg060A1192.jpeg060A1177.jpeg060A1166.jpeg060A1168.jpeg060A1169.jpeg060A1174.jpeg060A1173.jpeg060A1161.jpeg060A1157.jpeg060A1158.jpeg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント