Tigerkatze Monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS 長い曲

<<   作成日時 : 2015/01/25 19:14   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 4

中学生時代見た、友達のオヤジのリスニングルーム

「ワぉ、おとなになったら宿題ないし、毎晩がパラダイスやん」

・・・・・

あれから、40年以上
当時のレコードより遥かに安価になったCDは
あのパラダイス並みには持っていても

あこがれた「オ・ト・ナ」とほど遠い。


時間に焦り
時間を貪り
時間を失う

こんなハズじゃぁぁぁ、と、虚勢で4枚組CDに挑むこのごろ


棚のCDで一番長い曲は
ワーグナー 楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」
画像

カラヤンが素朴な響きにこだわって起用したドレスデンと
コロの凛々しさをはじめ輝く歌の饗宴に浸る4時間26分


次に長いのは
ワーグナー 楽劇「神々の黄昏」
これも4時間25分くらいあるけど、
楽劇4部作「ニーベルングの指輪」として合算すると別格



ということで、繰り上がり2位は
ワーグナー 舞台神聖祝典劇「パルジファル」
画像

カラヤン/ベルリンフィルの豊潤かつ透通る音が
聖杯の儀式に誘う4時間17分

「パルジファル」の
神秘の響きにハマってしまうともう抜けれない
画像

このワーグナーの最後の舞台作品に起きる奇蹟を体験できるのが
クナッパーズブッシュ/バイロイト祝祭o.
もう、只々、うねるような響きの陶酔がいつまでも続いてほしくなる



そして第3位の長さもやっぱり神がかり的名盤
ワーグナー 楽劇「トリスタンとイゾルデ」
画像

フルトヴェングラーの残した奇蹟を知る4時間14分




別格とした、4連作「ニーベルングの指輪」は
今でも色あせない記念碑的レコーディングの
ショルティ/ウィーンpo.で、CD15枚、
聞き終わるのに14時間38分かかる
画像

実際の舞台では、4夜に分けて演じられるが、
そんな夢のような連続4夜は、家のCDでも再現が難しい



指輪の魔力に取り憑かれた者たちの4夜


序夜:「ラインの黄金」

神々の長ヴォータンは巨人族の兄弟にワルハラ城を作らせるが
その報酬に義妹の女神フライアを要求されると
小人のニーベルング族がライン河の黄金で作った
富と権力を欲しいままにできるという指輪を
だまし取って巨人族の兄弟に与えてしまう。
指輪には小人のアルベリヒの呪がかけられていて、
手にした巨人族の兄ファゾルトは弟ファフナーに殺される。
そんな曰く付きのワルハラ城に神々は入城する。
 


第一夜:「ヴァルキューレ」

ヴォータンは人間の女性に生ませた双子の兄妹の危機を救おうと
これまた知の女神エルダとの間にできた戦の勝敗を支配する
娘たち=ヴァルキューレの長女ブリュンヒルデを送り出す。
しかし、正妻で結婚の女神フリッカに人間への肩入れを反対され、
ヴォータンは、ブリュンヒルデへの指示を取り消し
双子の兄ジークムントは戦いに破れ命を落とす。
愛し合う双子の兄妹に胸を打たれ、指示に従わなかった
ブリュンヒルデに怒ったヴォータンは
兄妹の間にできた息子のジークフリートと結ばれたいと
懇願するブリュンヒルデを岩山に眠らせ、火で囲んでしまう。
 


 第二夜:「ジークフリート」

双子の兄ジークムントの形見である名剣ノートゥングの破片を
死に瀕した妹ジークリンデから預かった
小人のアルベリヒの弟ミーメは指輪を奪い返す目的で
遺児のジークフリートを育てる。
勇敢な若者に成長したジークフリートは指輪を守る
巨人族ファフナーを退治して指輪を奪う。
そしてそれを奪おうと企むミーメも殺してしまう。
小鳥の声に導かれてジークフリートは炎の岩山で眠る
ブリュンヒルデを目覚めさせて、妻にする。

 

 第三夜:「神々の黄昏」

アルベリヒの子ハーゲンは父の遺志を継ぎ、
異父兄弟のグンターとグートルーネを使って指輪を
手に入れようと企む。
ジークフリートにブリュンヒルデへの愛を忘れさせる薬を飲ませ
グートルーネに求婚させ、さらにブリュンヒルデを騙して
グンターと結婚させるように仕向ける。
夫の裏切りを怒ったブリュンヒルデはハーゲンに
ジークフリートの弱点は背中だと教える。
狩場で記憶を取戻したジークフリートだが、
弱点を知ったハーゲンに殺されてしまう。
ジークフリートの遺体を焼く火の中にブリュンヒルデが
指輪と共に飛び込むと、ワルハラ城も炎上する。





ぐり:ふはぁぁぁぁっ、ホントに長いでち
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
う〜む、虎さん、今回は力がはいってますなぁ。
「あれから、40年以上」というのは、私のためにあるような枕詞ですね。
40年前からずっと聞いていたLPをレコードプレーヤーで聞きたくなって、30年前から付き合っていたマイクロBL-111+AC3000を下取りに出して、ラックスの新品を購入して、毎週ああ懐かしいなぁと聴いています。
音自体はBL-111の方が良かったのですが、寄る年波には勝てず、ワウフラが調整できなくなったので涙を呑みました。
今更にレコードに込められた情報量の多さに感動しております。 ああ捨てないで良かった。レコードはかける前と後がほんとに面倒くさいのですが、そこがまた何ともいえない儀式のようで、そこがまた良いんですよね。
特に50年台末から60年台始めあたりのJAZZの真骨頂は、(最新のJAZZもそうですが)CDでは絶対再生できませんね。
あっ、すみません、この「長い」のテーマから脱線してしまいました。 すみません。
ワーグナーの長さは全くの同感です。
それ以外では、ブルックナーが長くて素敵ですね。
何度聞いても飽きることがありません。
こんな作曲家は他にありません。
ああ、素敵!
則則
2015/02/03 20:03
>則則さん
いいですよね、レコード盤ならではの厳かな儀式。針が降りてから最初の音と出会うまでの緊張感は格別で、儀式なしでは味わえません。40年も同じ音を愉しまれているのが、とてもうらやましい。
私なんぞは、毎日の昼休みにipodでワーグナーをコマ切れに楽しんでる状況です。ワーグナーを一周したので、先週からはヴェルディに入ってます。
北摂の虎
2015/02/04 22:23
虎さん
私は歌劇はモンテヴェルディ以降、良く聴いて来ました。が、ヴェルディは世間の評価が高い割に、私にとってはナブッコ、レクイエム、椿姫は良いなぁと思いました。 でも、それ以外にも多くの彼の全曲盤を聴いてきたのですが、心底これら以外にほんとに良いなぁとは感じられませんでした。

虎さんはヴェルディのどの曲が好みですか?
則則
2015/02/05 19:59
>則則さん
ワーグナーの厳粛で荘厳な響きは他にない特別なものです。長大なオペラであっても、全編を通じて統制のとれたモティーフは聞き手をガッチリ掴みますね。
ヴェルディの聞きどこらは、ちりばめられた美しい旋律と楽器としての歌声の響きですかね、たいして聞込んでるほどではありませんが、よく手にとるヴェルディはリゴレットとアイーダです。
北摂の虎
2015/02/07 01:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
長い曲 Tigerkatze Monolog /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる