Tigerkatze Monolog

アクセスカウンタ

zoom RSS 宇宙スケール

<<   作成日時 : 2011/09/23 01:05   >>

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 5

途方もなくデカイのが宇宙

ウロウロしてる台風ですら、どーすることもできない

今の科学ではその大きさを測るのはムリ。

でも、想像や直感は軽く科学を飛び越える。


MIBという映画で、ニャンコのペンダントにされてた球体が

その宇宙だったシーンは、たぶん当たりような気がしてる。


銀河をブンブン振り回すニャンコの大きさがわかれば

宇宙の大きさも測れるってコト。



もし、ぐりこが700倍大きければ、
画像

ぐり:衝動買いの彩色済みキット紹介するだけやのに
   長ったらしい前説でち。



虎:1/700のスペースシャトルや、どやッ、よーでけとる。

画像
画像
画像


モバイル・ランチャー・プラットフォーム
クローラ・トランスポータ
が精巧に再現されており、発射台へ向かうシャトルの
緊張感が伝わるモデルです。

全部で5機のオービターのうち事故で失われた、
チャレンジャー、コロンビア を除く3機がキットに入ってます。

画像はオービターとしては最後に製造されたエンデバー号
毛利さん、若田さん、土井さんが飛行士として搭乗しました。

残りは、7月8日にスペースシャトルの最終便打上げとなった
アトランティス、とハッブル望遠鏡を運んだディスカバリー。
細部の機体マークも描き分けてありました。

誰が作ってもコレが完成するプラモデルの宇宙って果てしない・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
ぐりこちゃんのシャトルを見つめる眼差しが鋭くってドキドキしちゃいます!(笑)
本当に700倍のぐりこちゃんがいたって、人類にはそう簡単に倒せないでしょうね!おはじき遊びになりそうです!
トモ
2011/09/24 01:11
peekoがテキサスのNASAで見たシャトルは実物大だったんか?コレ・コレ(笑)

NASAにはね〜、いっぱいの墓石もあったよ。。
彼らの想いは宇宙と同じくらい大きかったんだろうね。
チンケなpeekoはぐりたんほど大きくなれても所詮小者だわ…
peeko
2011/09/24 21:00
>トモさん
ニャンコに対するこのサイズの関係となる現実の生き物はたくさん居ますよね、人間は一人でこの場面に置かれたらもうなす術がありません。ところが、うちのカブトムシくんは、堂々と真っ向勝負を挑みます、なんと勇敢な生き物。

>peekoさん
いいなぁ、ホンモノ見た人はやっぱ、そこから受取ったものが違います。模型はホンモノ見てしまうと、妥協がしにくく完成が遠のきます。どこまでも、らしく見せることを追求しても決してホンモノになってはつまらないのが模型なんです。チンケで小者の模型には、only oneの楽しみがあるのですが、このシャトルのように出来上がりの画一化が進んでいます。
北摂の虎
2011/09/25 00:34
最近のガンプラも。
彩色がいらないので。
誰がつくっても同じものができるわけです。

プラモデルの世界って果てしない!!

こんなこと言ってると、ぐりことBANGURIさんに白い目で見られるのかなぁと。
男心がわかるりっこ(汗)
りっこ
2011/09/25 17:44
>りっこさん
ユーザーのニーズに答えながらプラモデルが存続してくれるのが何よりなんですが、箱絵と中身のカタマリのギャップにおののきながら、箱絵の隅々まで見渡して湧き上がる想像力、というものはまるでなくなりましたね。
・・・てな、うんちくをごちてると、白い目が気になる今日この頃です。
北摂の虎
2011/09/26 21:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
宇宙スケール Tigerkatze Monolog /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる